ビッグローブモバイル

ビッグローブモバイルはおすすめできる? 評判と速度をみてみる

月々の料金が安くなるということで、格安SIMへ乗り換える人が増えています。

その中でも、エンタメフリーや大容量プランなど独自のサービスで人気のビッグローブモバイルの契約を検討している人も多いのではないでしょうか。

そんな人のために本ページでは、ビッグローブモバイルの回線速度や評判を調べ、本当におすすめできる格安SIMなのか徹底的に検証していきます。

⇨Biglobeモバイル公式サイトはこちら

まずは、ビッグローブモバイルの回線の仕組みを知ろう

回線速度の検証前に、まずはビッグローブモバイルを含めたMVNO(格安SIM)回線の仕組みについて簡単に説明します。

MVNOはドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアから回線を借りて通信を行なうサービスです。

【例:ドコモ回線を借りた場合】

私達のスマホからPOI(相互接続点)という途中のポイントまではドコモの設備、そこから先は各MVNOの設備を使って通信を行います。

ビッグローブモバイルではこの仕組みを利用して、ドコモ回線対応のタイプDとau回線対応のタイプAの2種類を提供しています。

【BIGLOBEモバイル】初期費用0円&音声/3ギガが6カ月間 400円(税別)/月(~5/12)

ビッグローブモバイルの速度が遅くなる理由は?

タイプD、タイプAどちらのプランにも、ビッグローブモバイルの速度が遅くなる理由があります。

同じドコモ対応のタイプDを使っているのに、ドコモより遅い

ビッグローブモバイルがキャリアよりも速度が遅くなる大きな理由は、キャリアから借りている回線の容量や幅に限りがあるから。これは、au回線対応のタイプAとauを比較した場合も同じです。

もちろん通信するエリアや時間帯、端末によっても差がありますし、全ての時間でキャリアより遅いとは言い切れませんが、平均すると速度が遅い場合が多いです。

限られた回線容量を多くの契約者が利用するため、どうしても速度に影響が出てしまうということです。

規定の通信量を超えたため、速度制限されている

意外と気がつかないのが、通信量オーバーによる速度制限。ビッグローブモバイルには複数のパターンで通信制限があります。

【3日間の通信量の合計による通信制限】

タイプAの場合のみ、直近72時間(3日間)の通信量の合計が6GBを超えると、通信速度が制限されることがあります。

【エンタメフリー・オプションの通信制限】

人気のエンタメフリー・オプションですが、大容量のデータを通信したり長時間の通信を行った場合、一時的に通信が制限されることがあります。

【契約しているデータプランの容量オーバーによる通信制限】

契約プランの容量を超えてしまった場合、月替わりにリセットされるまでは送受信最大200kbpsという低速での通信に制限されます。

速度が遅い場合は、APNの設定による通信の最適化を解除してみよう

速度が遅い場合の対処方法として、APNによる最適化の解除をを試してみましょう。

ビッグローブモバイルでは、安定した通信品質の保持や通信量削減のため、APN(Acssece Point Name)の設定により、スマホの画面サイズに合わせて、自動的に画像の圧縮を行う最適化が施されています。

この最適化を解除することによって、通信速度が改善する可能性があります。

Android端末の場合

従来の接続設定から、「ID(ユーザー名)」の設定を変更してください。

APN(接続先) biglobe.jp
ID(ユーザー名) user@aporg
パスワード 0000
認証方式 CHAPまたはPAP
PDP Type IP(PPPは対応しておりません)

※ お使いの端末により、項目名は異なります。

タイプAをご利用の場合で、端末の接続設定に次の項目がある場合、追加で設定してください。

APNタイプ default,supl,dun

 

iPhoneの場合

iPhoneの場合は手動でAPNの設定ができないため、通信の最適化が解除されたAPNをインストールする必要があります。通信の最適化が解除できる「APN設定プロファイル」を以下のリンクからダウンロード→インストールしましょう。

すでに別のAPN設定プロファイルがインストールされている場合は、以下の手順に沿って削除してから、解除用の「APN設定プロファイル」のダウンロードを行います。

【プロファイルを削除する手順】
「設定」→「一般」→「プロファイル」→該当のプロファイルをタップ→「プロファイルの削除」をタップして削除完了

プロファイルを削除するとLTE・4Gでネット接続ができなくなるため、「APN設定プロファイル」をダウンロードする前に、Wi-Fi接続に切り替えましょう。

【ダウンロードしたプロファイル名の確認方法】
ホーム画面「設定」→「一般」→「プロファイル」を参照。表示されているプロファイル名が最新版の「BIGLOBEモバイル ver.3」になっていればOKです。

実際に最適化を解除してみた

最適化を解除する前と解除した後で速度がどのくらい変わるのか、検証してみました。

【検証時の条件】タイプD、Android、平日夜22時、測定サイト:RBB SPEED TEST

【検証結果】上がAPNの設定による最適化の状態、下が解除した後です。

上り(アップロード)はわずかに遅くなっていますが、下り(ダウンロード)の速度がぐっと向上していることがわかります。

これはあくまでも一例ですが、今回も結果のように速度が改善するケースもありますので、速度を改善したい人は、一度試してみることをおすすめします。

ビッグローブモバイルの速度の評判はどう?

ビッグローブモバイルの回線速度について、実際に使っている人の評判を調べてみました。

速い、遅い両方の口コミがありますが、タイプAに切り替えて速くなったという意見が多く見受けられました。

速いという評判

ビッグローブモバイルのタイプAの回線速度については、格安SIMのランキングでも上位クラスということもあり、満足度の高い口コミが多いですね。

遅いという評判もある

速度が遅い、という評価をする人は、タイプDで契約をしているケースが多かったです。

エンタメフリーの評判

対象サービスの動画や音楽が無制限で楽しめることで人気のエンタメフリー・オプションの速度に関する評判もチェックしました。

満足の声もありますが、どちらかというと速度については不満があるものの、サービス自体のコスパが良いということで、及第点という評価が多いように感じました。

まとめ

ここまでビッグローブモバイルの回線速度の評判や、速度が遅いときの対処方法について検証しました。

実際にビッグローブモバイルを使っている人からは、タイプAに乗り換えて速度が速くなったという声が多く、回線速度に対しての満足度の高さが伝わりました。

また、速度低下が気になる人も、APNの設定による最適化を解除することで速度が速くなるケースが多いことも、口コミや実体験でわかりました。

以上の結果を踏まえていえることは、ビッグローブモバイルは、本当におすすめできる格安SIMのひとつということです。

⇨Biglobeモバイル公式サイトはこちら